サポート

2015年

2015年09月02日

「水銀に関する水俣条約」についてのお知らせ

 水銀被害の防止を目指す「水銀に関する水俣条約」が2013年10月に採択・署名されました。この条約により、水銀を使った製品の製造や輸出入が2020年に原則禁止されることになります。日本では環境省が、条約の批准に向けた国内措置として水銀を含む電池やランプの製造を2017年から原則禁止する方針を明らかにしています。
 この条約で規制の対象となるのは、「水銀に関する水俣条約について」(経済産業省の発表資料)の中で「製造・輸出入が禁止される水銀添加製品」に記載されている高圧水銀ランプ等です。当社の製品では、UVオゾンクリーナー等に低圧水銀ランプを使用していますが、全て高圧水銀ランプは使用していないため、この条約による当社製品の使用・購入に対する影響はありません。
 
参考リンク:
水銀に関する水俣条約について(PDF:517KB)(経済産業省ウェブサイト)