組織紹介

サムコは「半導体や電子部品を加工する装置」の製造・販売を行っています。
当社で製造している半導体製造装置には大きく分けて3つの分野があります。
封止や絶縁のために半導体基板の表面に薄い膜を形成する「薄膜形成分野」、半導体基板の表面に緻密な加工を施す「微細加工分野」、有機汚染層の除去や密着性の向上のために半導体基板の表面を洗浄する「洗浄分野」です。

サムコは製品を提供するだけでなく、新たな技術を得るために積極的に研究開発を行っています。
また、アフターサービスやメンテナンスなどのサポート業務にも力を入れており、お客様により良い製品とサービスを提供できるよう、様々な部門が協力し合っています。

技術・装置の研究・開発
技術開発統括部
国内のお客様へのご提案、情報提供
営業統括部
海外市場の開拓・事業展開
海外事業統括部
調達・設計・製造
生産統括部
品質保証の社内体制の構築
品質保証部
サムコの経営を支える
管理本部
内部監査、法務・知的財産業務
社長室

技術開発統括部

技術開発統括部は、開発部と基盤技術研究所から構成されており、プロセス開発と装置開発を担当しています。
各部員は研究テーマを決め、定期的に研究成果を社内で発表します。毎日行う実験の他に、装置の立上げや学会での発表なども行っています。

営業統括部

国内営業部

国内営業部は西日本営業部、東日本営業部、東海支店、つくば営業所、福岡営業所から構成されています。
それぞれの担当地域の大手電機メーカーや電子部品メーカー、大学、研究機関などに対し、情報提供や提案型の営業を行っています。

営業推進部

営業推進部は営業サポートと本部機能の二つの役割を担っています。
営業に必要な情報を収集し、営業資料として発信したり、売上を管理したりするなど、幅広い業務を担当します。

製品サービス部

製品サービス部は、装置の納品・立上げと納品後のアフターサービスを担当しています。
お客様の視点に立ったサービスの提供で、常に顧客満足度の向上を目指しています。

海外事業統括部

海外事業部は、海外営業1~3部、オプトフィルムス研究所、イーストコーストオフィス、上海事務所、北京事務所、シンガポール支店、マレーシア支店から構成されています。
それぞれの担当地域において、営業活動やサービス活動、販売戦略の策定などを行っており、世界を相手に仕事をする部署です。

生産統括部

資材部

資材部では、各装置の部品を発注する購買業務と製作加工品を外注する製作加工業務を担当。適切な在庫管理やコスト低減、また、海外での資材調達の実施など、幅広い業務に取り組んでいます。

製造部

製造部では、装置の組立・調整・検査・出荷を行っています。製品完成度の向上や作業効率の改善などによる工期短縮に日々取り組んでいます。

設計部

設計部は機械設計課と電気設計課から構成されています。
機械設計課は、機構の構想や機械設計・搬送系設計を担当。電気設計課は、装置の電気・電子回路の設計や制御システムのプログラミングを担当しています。 高度なプロセス技術を実現可能なものとするため、日々、信頼性と性能の向上に取り組んでいます。

製品技術部

製品技術部では、洗浄装置の改良改善や開発を担当しています。
国内市場だけでなく、今後さらなる成長が期待されるアジア市場など海外でのニーズに応えるため、品質に加えコスト面を重視した製品を目標に、開発と改良に日々取り組んでいます。

品質保証部

品質保証部は、出荷前のハード面やソフト面の各種検査の管理を担当するとともに、取引先様からのトラブル等の窓口になっています。 また、品質を向上させるための社内体制の構築・改善も担当しています。
お客様に満足していただける品質を提供することを目標に、部署間のコミュニケーション体制の改善に日々取り組んでいます。

管理統括部

管理統括部は、経営企画室、経理部、総務部、広報・IR室から構成されています。
会社のヒト・モノ・カネ・情報の管理を担当する重要な部署です。経理・財務・総務・人事の各業務のほか、経営企画の策定や広報活動・展示会の企画・IR関連の対応など、幅広い業務を行っています。

社長室

社長室は、他部門からの独立性を求められる内部監査・内部統制業務、専門知識を求められる法務・知的財産業務を担当しています。その他特命事項など、会社の根幹に関わる業務も行っています。